HOME > 愛菜ファームの農法


◎農作物が健全に育つ「土」をつくります
・作付前は緑肥であるソルゴー・ヒマワリ・ヘイオーツを植えて土作りに励んでいます。
・排水性向上のため、弊社の技術『フォアス』を施工しています。
◎環境への負荷が懸念される「化学肥料」を減らします
・特裁の県基準で『一般使用量の約半減』を提唱しています。
・さらに、有機配合肥料と竹粉をあわせて使用し、微生物相の改善をおこなっています。
◎病害虫を防除する「化学合成農薬」の使用を減らします
・特裁の県基準で『一般使用回数の約半減』を提唱しています。
 使用量を『一般使用量の約1/3』目標に栽培しています。
・たとえば、キュウリについては天敵を利用し、コナジラミ、スリップスなどの防除をします。

・また、トマトにおける交配作業においても、ホルモン剤等を極力使用せず、
 マルハナバチによって交配することによって化学合成農薬の使用を減らし
 ています。
・太陽熱消毒を行い、土壌消毒剤は使用していません。


◎その他の取り組み
・干拓地内共同作業への積極的な取り組みを行い、展望所へのごみ回収作業、
 緑肥兼景観向上に努め、干拓地イメージアップに取り組んでいます。


 


◎竹粉づくり
繁殖能力が非常に高く、抗菌作用、抗菌化作用がある竹を原料に、竹粉を作ります。
・竹粉には嫌気性発酵を行う乳酸菌が含まれているため、空気に触れると劣化するため、十分に攪拌を行うことがポイント。ここでキャタピラー九州製の機器が活躍します。

~ 竹粉の知識 ~
竹粉を竹の土壌改良剤に使用
・成長が早く、収穫時期が早まることで、耕地利用率が高まります。
・収量が増えます。
・果実や野菜の糖度が上がります。
・発根作用が高まります。
竹粉を堆肥に混ぜる
・堆肥に入れると70~80度の高温になり、長期間高温を維持するため、土着菌は60~70度の
 高温で消滅します。


 


 地下水位を調整でき、夏場には水をためて太陽熱消毒を可能にし、病気 や雑草を抑えることができます。

 

 ハウスの外側を0.4mmの網目ですっぽりとおおいます。
 外からの害虫を防ぎます。

 平張りは、夏場は日よけ、冬場は保温の効果があります。

 温度・土壌温度・土壌水分・土壌EC(塩分濃度/肥料分)・日射量を見守
 ります。
 ハウス内に温度異常が発生すると、ただちに検出し、3人の担当者の携
 帯にメールで通知されます。

 

 台風の時も大切な作物を守ります。

 

 夏場のクールダウン対策をはじめ、農薬散布にも使えます。

 常時、8連棟のハウス内の温度を均等に保ちます。

 土壌のセンサーでモニタリングし、灌水、液肥の量を調整します。

 台風対策及び、換気に利用します。

 冬場に加温しますが、燃料のコストダウンのため、再生油を利用
 しています。

 雨が降ると、センサーで感知し、谷部・側部・妻部が自動開閉します。

 雨・温度センサー・タイマーにより、各部の開閉装置を動作させます。

※フォアスとは
●農林水産省「農業新技術2008」に選定されています。
●H18年度農林水産大臣賞受賞の地下水位制御システム
地下水の調整を行い、適正な土壌水分のコントロールができるため、
田畑転換を可能にしました。あわせて土壌除塩と土壌消毒も可能な、
灌漑設備を持った排水設備です。



 

野菜の収穫・選荷に使用する器材の洗浄に、従来の「次亜塩素酸ソーダ」や強酸性水」といった殺菌水とは異なり、低濃度で高い殺菌力を有する『進化した機能水』で、安全性の高い殺菌水を使用しています。

◎「セリウス水」3大特徴
1.高殺菌力・殺菌時間の短縮
2.安心、安全・・・人に環境に優しい弱酸性
3.初の農業分野への導入・・・愛菜ファームが先駆けて導入を実施!
  
<洗浄>使用後のコンテナ・農機具・選荷場の床・作業空間
<衛生>選荷時の従業員の手・トイレ・厨房・食堂など

農業生産法人 愛菜ファーム株式会社
〒854-0038 長崎県諫早市中央干拓498MAP
電話でのお問い合わせ TEL:0957-35-0385 FAX:0957-35-0387